Preparations

パスポートの申請方法を解説

初めて海外に行く場合は、パスポートをつくる必要があります。

申請は地域の役場でできて簡単なので、ぱぱっと済ませてしまいましょう。

必要な書類

・一般旅券発給申請書 1通
・戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通
・(住民票の写し 1通)
・写真 1葉
・申請者本人に間違いないことを確認できる書類

一般旅券発給申請書 1通

ダウンロード申請書、手書き書式の申請書を選ぶことができます。

・ダウンロード申請書→パスポート申請書ダウンロード(Web入力対応)
・手書き書式の申請書→地域のパスポート申請窓口で入手

申請書は5年有効なパスポート用と10年有効なパスポート用の2種類があります。
20歳未満の方は、5年有効なパスポートしか申請できません。

一般旅券発給申請書には本籍を地番まで記入する必要があるので確認しておきましょう。

戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通

申請日前6か月以内に作成されたものが必要になります。

市区町村役場(支所)で取得できます。また、マイナンバーカードを持っている方は、コンビニでも取得できます。

(住民票の写し 1通)

・単身赴任や就学等で住民登録をしていない都道府県で申請をする場合
・住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望しない場合
は住民票の写しが必要になります。

住民票のある市区町村役場(支所)で取得できます。また、マイナンバーカードを持っている方は、コンビニでも取得できます。

ほとんどの場合住民票の写しは必要ありませんね。

写真 1葉

申請に行く前に、写真を用意しましょう。

セキュリティーの面から規格が厳しいのと、海外に行く際コピーをすることも多く、いろいろな場面で人に見せることが多いものなので、写真屋さんできれいに撮ってもらうことをおすすめします。

写真の規格

・45㎜×35㎜
・縁なし、無背景
・申請日前6カ月以内に撮影されたもの
・無帽、正面
など

その他の規格詳細はこちら

申請者本人に間違いないことを確認できる書類

◇1点で良い書類
 マイナンバーカード(個人番号カード。通知カードは不可。)、運転免許証、船員手帳など

◇2点必要な書類(上記書類がない場合)
 AとBの各1点、またはAから2点

A健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(この場合は登録した印鑑も必要)等
B次の内写真が貼ってあるもの
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等

パスポート発行にかかる手数料

旅券の種類都道府県収入証紙収入印紙
10年間有効な旅券(20歳以上)2,000円14,000円16,000円
5年間有効な旅券(12歳以上)2,000円9,000円11,000円
5年間有効な旅券(12歳未満)2,000円4,000円6,000円

パスポートの申請

①必要書類を全部そろえる。
②住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請する。

①必要書類を全部そろえる

一般旅券発給申請書を記入するなど、必要書類を全てそろえます。

不明なことがあったらパスポート申請窓口に問い合わせてみましょう。

②住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請する

基本的には住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請します。

ほとんどの市区町村役場にパスポート申請窓口が設けられているので、とても便利です。

場所や受付時間等の確認をしてから申請に行きましょう。

住民登録をしていない都道府県で申請する場合は住民票の写しが必要になります。

また、パスポートの申請は、ほとんどの都道府県で代理提出も認められています。

申請から受領までに、通常1週間程度(土・日・休日を除く)かかります。

パスポートの受領

以下のものを持って、必ず本人が申請窓口に行きます。

・申請の時に渡された受理票(受領証)

・手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付する。)