Life

フィジーの伝統料理「ロボ」を食べた

留学中のフリーバード(South Pacific Free Bird)で、先生方やスタッフさんがフィジーの伝統料理「ロボ」を振舞ってくれました。

また別の日には、学校のホールで行われている教会のイベントに参加させていただき、ここでもロボをいただきました。

At the Free bird studying abroad, the teachers and staff served us the traditional Fijian dish “Lovo.” Another day, I attended a church event in the school hall and ate a lovo here.

フィジーの伝統料理「ロボ」とは

「ロボ」とは

地中に掘った穴に焼け石を入れ、そこにアルミホイルで包んだ食材を入れてじっくり3時間〜半日かけ蒸し上げて作るフィジーの伝統料理。

鶏肉、豚肉、魚、キャッサバ、さつまいも、ダロイモ等をアルミホイルに包んで蒸します。

式やイベントの時に作られます。

この蒸す料理全体のことを「ロボ」とよんでいます。

What is Lovo?
It is a traditional Fijian dish made by putting burnt stones in holes dug in the ground and steaming ingredients wrapped in aluminum foil for three to half a day. Chicken, pork, fish, cassava, sweet potatoes, daro, etc. are wrapped in aluminum foil and steamed. It is made at ceremonies and events.

水分が逃げ、旨味が飛んでしまわないように、ヤシの葉をかぶせます。

Cover with palm leaves to keep moisture and flavorless.

豚の顔も丸ごと蒸していました。

The whole pig’s face was also steamed.

出来上がったら食材を引き上げます。

When it’s done, pull up the ingredients.

フィジーの伝統料理「ロボ」のプレート

キャッサバやダロイモはとてもお腹にたまります。

肉ややきそばは濃いめの味付けなので、キャッサバやダロイモとよく合うなと思いました。

長時間蒸してあるため、ホクホクな歯ごたえと、香ばしい風味を味わえてとてもおいしかったです。

Cassava and daro are very filling in the stomach. Meat and noodle are strongly seasoned, so I thought it go well with cassava and daro. It was steamed for a long time, so it tasted savory and was very delicious. The texture was also good.

現地の人はロボを手で食べていました。楽。

Local people eat lovo with their hands. Comfortable.

フィジーの伝統料理「ロボ」を食べた感想

外で蒸してるところを見せてもらって、フィジーの文化を肌で感じることができました。

すごく手間をかけているだけあって、本当においしかったです。

フィジアンはよく食べるんだなと思いました。盛りだくさんのメニューで、大盤振る舞いしてくれて大満足です。

ロボを作ってくれてありがとうございました。

I was able to feel the culture of Fiji when I was shown steaming outside. It was really delicious because it took a lot of time. I thought Fijian eat a lot. I was very satisfied that they behaved a lot. Thank you for making the lovo.