フィジー留学

【フィジー留学3か月→オーストラリアワーホリ】 のプランと出発前の費用

コロナの影響がなければ、今年度フィジーへの語学留学、オーストラリアへのワーキングホリデーを予定していました。

予定していた日程

フィジー語学留学    R2.5.8~R2.7.31(12週)
オーストラリアワーホリ R2.8.1~

昨年からプランを立て、様々な支払いを済ませるところまでいきましたが、予定通りいかなくなり、人生計画が狂っています(笑)

でもでも、どんなプランだったの?
出発前にかかった費用はどのくらい?

今はフィジーへ出発できる日を待っている状況ですが、せっかくなので、「私の考えたフィジーへの語学留学、オーストラリアへのワーキングホリデーのプランと出発前にかかった費用」について紹介します。

とてもお手頃でいい感じのプランです。

フィジーへの語学留学のプラン

語学学校「South Pacific Free Bird」に申し込んだ理由

私は英語が話せないので、ワーキングホリデーで働く前に語学学校に行き、語学を身につけたいと思い、「South Pacific Free Bird」という語学学校に申し込みを行いました。ここでワーキングホリデーまでサポートしてもらうことにしました。

South Pacific Free Birdには魅力がいっぱい♪
South Pacific Free Birdに申し込んだ理由

・フィジーは物価が安く、留学費用をかなり抑えられるから。

・説明を聞きに行った時の雰囲気がよく、安心して楽しく留学できそうだと思ったから。

・少人数のグループレッスンで、スピーキングを重視した授業内容になっていて、発言の機会を多くもてそうだと思ったから。

・ワーキングホリデーの準備までサポートしてくれるから。

・公式HPや資料請求をして送られてきたパンフレットが見やすく、料金や授業内容、生活の様子が明確だったから。

「South Pacific Free Bird」の授業内容

South Pacific Free Birdは7つのレベルに分かれて以下の内容でグループレッスンを行います。

8:00~9:00   Theme Talk

9:10~10:00   Grammar

10:10~11:00  月、水、金→Listening 火、水→Intensive Speaking

11:10~12:00  月、水、金→Listening 火、水→Intensive Speaking

12:00~13:00  Lunch Break

13:00~14:30  Social Communication

14:45~17:00  オプション(TOEICコース、ワーキングホリデー準備コース)

私はTOEICコースを20日間、ワーキングホリデー準備コースを10日間加えました。

滞在中にTOEICを受けられるので、できたら挑戦したいです。

滞在先

滞在先については、ホームステイと学生寮が選べます

ホームステイにすると、はずれがあったり、食事が合わなかったり、気を遣って勉強に集中できなかったりすると思い、学生寮にしました。

少し料金が高くなりますが、生活は一人がいいので一人部屋にしました。

学生寮だと、放課後にクラスメイトとたくさん関われそうですね。

\South Pacific Free Birdの詳細や資料請求はこちら/

オーストラリアでのワーキングホリデーのプラン

フィジーから近く、そのまま行けるという手軽さと、親日家が多く、日本人の受け入れに慣れているということで、フィジーでの語学留学を終えたらオーストラリアでワーキングホリデーをしようと思いました。

働くことの計画

・仕事は直前にならないと求人が出ないため、フィジーの語学留学の終盤になったら調べて応募する仕事を考える。

・履歴書の書き方、面接の受け方はSouth Pacific Free Birdで学ぶ。

語学力によっても応募できる仕事(給料も)が変わってきます。3か月間フィジーでしっかり英語を学んで、英語を使う接客業に就けるといいなと思っていました。

現地の店に貼られている求人を見て、その場で面接を申し込むというやり方もあります。

語学学校の計画

・何か月か働いて、英語が聞き取れるようになってから、帰国前最後の1か月間で学校に行く。

・行きたい語学学校をいくつか調べておき、現地で実際に足を運び、説明を聞いたり、体験入学をさせてもらったりして、入学する語学学校を決定する。

オーストラリアのワーホリビザでは、4か月以内であれば、語学学校に通うことができます

語学学校に行くか行かないか、行くとしたらどの学校にどの期間で行くかといったことは、その時に決めることができます。

学校にもよりますが、現地で学校に行き、いきなり「~日から入学させてください。」と言うことも可能だそうです。

オーストラリア到着後すぐに入学した場合、求人情報やアクティビティ、ボランティア等の情報を学校をとおして得ることができ、充実したワーホリをスタートさせやすいというメリットがありますが、私は、働いて学んだことを生かして最後に語学を伸ばせるように、帰国前1か月間で語学学校に行こうかなと考えました。

フィジーでの語学留学を終えて、その時の成長度合いや状況によって決められます。

ワーホリ中の語学学校に関しても、South Pacific Free Birdの担当の方が丁寧に教えてくれました。

住むところの計画

・数週間ホームステイをした後、ルームシェアをする。

フィジーの語学留学が終盤になったら、ホームステイ先を探し、数週間ホームステイをし、ホームステイをしながらルームシェアの情報を集めて、ルームシェアをしようと考えました。

または、到着後すぐはホテルに泊まり、オーストラリアでゆっくりホームステイ先を探すのでもいいかなと思いました。

「South Pacific Free Bird」のプログラム内容と費用

プログラム内容金額
留学アレンジ料(84日滞在の場合)30,000円
入学金20,000円
授業料203,000円
TOEICコース授業料(20日間)※オプション34,000円
ワーキングホリデー準備コース授業料(10日間)※オプション17,000円
ドミトリー(学生寮)利用料金(1人部屋)99,600円
合計403,600円

※ドミトリー(4人部屋)の場合マイナス約9万円、ホームステイの場合プラス約5万円となります。

出発前にかかった費用の合計

内容金額
プログラム費用(上記)403,600円
フィジー留学生共済保険35,200円
短期学生ビザ申請料15,200円
ワーキングホリデービザ申請料38,000円
航空券代金(フィジーエアウェイズ)成田→ナンディ、
ナンディ→シドニー
52,400円
諸税・燃油代(フィジーエアウェイズ)18,300円
合計562,700円

※ビザ代、航空券代はレートや時期によって金額が変わってきます。
※保険代は申し込むプランによって変わってきます。

出発後にかかる費用

内容金額  
フィジー滞在中の生活費約6万円
ワーキングホリデー初期費用
・働いて収入を得るまでの生活費
・ワーキングホリデー期間中の海外留学保険費用
約20万円
合計約26万円

手続きの仕方

上記の支払いは全てSouth Pacific Free Birdの担当者からのメール連絡を待って行います

ワーキングホリデービザ申請料はインターネット(英語の画面)で自分で行わなければなりませんが、South Pacific Free Birdから日本語で書かれた申請方法のマニュアルが送られてきて、それを見ながらやれるので、簡単でした。

自分でアクションを起こさずに、スムーズに手続きができました。感謝です。

ちなみに、R2.5.8出発予定だった私の場合の支払いの日は、以下のとおりでした。

・プログラム費用:R1.9.8
・ワーキングホリデービザ申請料:R2.2.27
・フィジー留学生共済保険、短期学生ビザ申請料、航空券代金、諸税・燃油代:R2.3.4

まとめ

私はほとんど英語が話せないので、ワーホリ前に語学学校に行き、少しでも語学を身につけたいと思っていました。

オーストラリアの語学学校に何か月も通うと、費用がかなりかかりますが、ワーホリ前にフィジーの語学学校に行くことで、かなり費用を抑えられました

将来英語を使って仕事がしたいというわけではないので、語学留学にそこまでお金をかけたくありませんでしたが、80万円ちょっとで3か月の語学留学とワーキングホリデーができるのはなかなか安いと感じました。

文化や暮らしの違う2か国に行けるのも、とても良い経験になると思います。

「留学をして英語を身につけて日常会話ができるようになりたい」、「他の国の文化や暮らしを知ったり働いたりしてみたい」とずっと思っていたので、この「フィジー→オーストラリア」の計画は手が届きやすく、よかったと思っています。

このような計画を立てたものの、ワーキングホリデービザは取得から1年以内に入国しなければならないため、今回はコロナの影響で難しくなってしまいました。
がっかり。

私は「フィジー→オーストラリア」は実現できなくなってしまいましたが、フィジーには行くので、しっかり語学を身につけてきます。