セブ島留学

【格安】セブ島留学は留学初心者、英語初心者に超おすすめ 特徴や魅力を紹介

留学にはまとまった期間とお金が必要だし、なんかいろいろ難しそうだし、自分には考えられないな…。

こんな感じで留学に関して「ハードルが高い」というイメージをもっている人、多いと思います。

ガチで英語を仕事にしたい人、ある程度英語が得意な人でないと踏み出せないイメージもあったりして。

でも、フィリピンのセブ島留学なら誰でも手頃に行けるんです。

その理由は

・欧米に比べて費用が半分以下の格安
・日本から近く、時差も1時間だけ
・マンツーマン授業が豊富
・語学学校に寮がついてる

が挙げられます。

本記事では、留学初心者の人や英語が苦手な人でもセブ島留学にチャレンジできるよう、セブ島留学の魅力をたくさん紹介します。

とても素敵な経験ができるセブ島留学に行っちゃいましょ~♪

セブ島について

セブ島留学について紹介する前に、まずはセブ島について。

セブ島の情報

国家情報

セブ島は、フィリピン(首都:マニラ)にある島です。
時差  日本ー1時間
面積  4,468㎢
人口  約335万人
民族  セブの住民はセブアノと呼ばれている
言語  フィリピンの公用語→タガログ語
    セブ島の公用語→セブアノ語(ビサヤ語)
    英語
宗教  ほとんどがカトリック教

セブ島では、日常会話はセブアノ語が使われていますが、テレビ番組はタガログ語で放送されているため、タガログ語も話せます。

また、フィリピンでは小学校、中学校、高校の授業は英語で行われ、幼稚園に行く人は、幼稚園でも英語が使われています。

そのため学校教育を受けてきた人はみな英語が話せます。

セブ島の人々は、3つの言語が話せる人が多いです。

天候

天候区分 熱帯モンスーン気候
乾季   12月~5月
雨季   6月~11月
平均気温 26℃~30℃
平均湿度 70~80%

日本のような四季はなく、1年中夏の服装で過ごせます。

セブ島のインフラ

水道・ガス

浄水設備が整っていないため、水道水は飲めません。歯磨きやうがいで水道水を使っただけでもお腹を壊す場合があるので、歯磨きやうがいでもウォーターサーバーやミネラルウォーターを使った方がいいでしょう。

断水も起こります

ガスは、都市ガスは無く、プロパンガスの使用が一般的。

電気

電圧  220V
周波数 60Hz
プラグ A型(日本と同じ)

日本の電化製品をセブ島で使う場合

日本の電圧は通常100Vです。海外対応の電化製品であればそのまま使えますが、海外対応ではない(100~220Vまたは100~240V対応になっていない)電化製品をセブ島で使う場合は変圧器が必要です。

ちなみにフィリピンの電気代は日本の電気代より高いです。留学先でも節電を心がけましょう。

トイレ

セブ島のトイレは日本のきれいなトイレとはとてもかけ離れていて、慣れるまで抵抗を感じます。

セブ島のトイレの特徴は

  • トイレットペーパーを流せない
  • トイレットペーパーの設置が無い
  • 水が流れないことが多い
  • 便座が無いトイレもある

セブ島のトイレは、トイレットペーパーは流さず、ごみ箱に捨てるようになっています。流してしまうと詰まりの原因になります。

なお、トイレットペーパーが設置されていないことがほとんどなので、トイレットペーパーを各自持ち歩く必要があります

トイレの水が流れないことも多々あります。時間を置いて流すか、桶が置いてある場合は水を汲んで、タンクか便器に入れて流します。

前の人のものが残っていることが多く、はじめは衝撃的でした。

また、トイレによっては、便座がないものもあります。

便座に両足を乗せて、和式トイレでするような体勢で用を足すそうです。

両足を乗せるのはちょっと…という場合には、空気いすのようにしてお尻を浮かせて用を足すといいでしょう。

インターネット

街中のカフェやホテル、コワーキングスペースにフリーWi-Fiが設置されています

語学学校でもフリーWi-Fiが使えるので便利です。

通信速度は場所によって様々で、ほとんどつながらないこともありますが、インフラの整備があまり進んでいないことを思うと、インターネット環境は整っているなという印象です。

セブ島の人々の国民性

フレンドリー

フィリピン人はとてもフレンドリーです。

セブ島の語学学校の先生もみんな気さくに話しかけてくれて、英語初心者でもコミュニケーションを取りやすいですよ。

おしゃべり好きの人が多いので、たまに自分の話が止まらなくなる先生もいますが(笑)

とにかく人との会話を笑顔で楽しむ国民性、とても素敵です。

時間にルーズ

待ち合わせに1時間遅れるのは当たり前という時間にルーズな国民性です。

ですが、語学学校の先生はきちんと時間を守って働いています。(当たり前ですね。)

街に行くと、仕事中に寝ていたり、スマホをいじっていたり、働かないでまったりしていたりする人も多いですね。

歌が好き

歌が好きな人が多く、ふだん鼻歌を歌いながら歩いている人が多いです。とても愉快で楽しそうですね。

カラオケパーティーもよくやるようで、歌が上手な人がたくさんいます

しかし、中には歌が苦手な人もいるので、セブ島の人だからといってみんながみんな歌が好きと思いこまないようにしましょうね。

細かいことは気にせず、とにかく人生楽しそう

セブ島に住んでいる人の中には生活が厳しい人も多くいますが、セブ島の人と触れ合うと、なんだかみんな楽しそうで、人生をエンジョイしている感じがします。

人と話したり、歌ったり、細かいことを気にしなかったり、ストレスなく生活していて、目の前の出来事を自然に楽しんでます。

日本のようなカツカツした雰囲気がどこにもないので、留学をしてセブ島の人々と触れ合うと、心が豊かになりますね。

心豊かな生き方はとても勉強になります。

初心者に優しいセブ島留学の特徴

セブ島留学は費用が安い

セブ島留学の特徴は、なんといっても費用が安いということですね。

欧米の留学に比べると1/2~1/3の費用で済みます。

セブ島留学の場合は、1日の授業がだいたい8時間程度で、マンツーマンレッスンがほとんどです。一方欧米の場合は1日4,5時間の授業で10~20人のグループレッスンが一般的です。

なのでセブ島留学は単純に費用が安いだけでなく、授業のコストパフォーマンスが高いのも特徴です。

日本から近いということで、航空券も安く済みますし、物価が安いため、現地での生活費もあまりかかりません

日本から近く、留学初心者でも手頃に行ける

日本からセブ島へは直行便だと5時間程度で行くことができます。

時差も-1時間なので、体に負担無く行けますよ。

日本から近いということで、海外行きのハードルがだいぶ下がりますよね。

渡航費を抑えられることもあり、日本からの近いセブ島での留学は、留学初心者におすすめです。

年間をとおして過ごしやすい気候で荷物が少しで済む

セブ島は、年間をとおして日本の夏の気候なので、衣類で荷物がかさばりません

寒い地域や、留学中に気候が変わる地域に留学するとなると、荷物が多くなり準備や移動が大変ですが、セブ島留学の場合、夏服と薄い上着があればいいので、持ち物がコンパクトです。

留学初心者にとって身軽に行けるのはいいですよね。

日本の夏よりカラっとしている暑さなので、過ごしやすいですよ。

セブ島留学は初心者が学びやすいマンツーマンレッスンが豊富

セブ島留学は、1日に8コマ程度の授業があります。マンツーマンレッスンがほとんどで、1日に数コマ3~6人のグループレッスンがあるという授業スタイルです。

留学初日にレベルチェックテストを行い、個に応じた時間割が組まれます。

もちろん上級者にもおすすめ♬
セブ島留学の授業スタイルが初心者におすすめな理由

・レベル別のマンツーマンレッスンなので、こちらの理解度に応じて授業を進めてくれる。

・自分が英語を話さなければならない環境になる。

・遠慮なく質問できる。

・常に集中して授業を受けられ、知識がみにつく。

・1日に数コマある少人数のグループレッスンでマンツーマンレッスンで習ったことをアウトプットでき、他生徒からも刺激を受けられる。

・充実のコマ数でたくさんの先生と関わることができ、短期でも力を伸ばせる。

欧米の語学学校は10~20名の大人数のグループレッスンの授業スタイルなので、話す機会がどうしても少なくなってしまいますし、わからないことがあっても質問しにくいです。

ある程度英語が話せる人は積極的に授業に入っていけますが、初心者には難しく、お金を払った割に身につかないなんてことも起こります。

留学初心者、英語初心者にとってはセブ島留学でのマンツーマンレッスンの方が、効果的に英語力を伸ばすことができます

マンツーマンレッスンだと、先生に覚えてもらいやすく、すぐに仲良くなれるので、初心者でも距離を縮めやすいですよ♪

セブ島留学のグループレッスンは3~6人程度の少人数で行われるため、自分の話す機会がたくさんあり、むしろ少人数なのでみんなが意見を述べなければいけない環境になります。

マンツーマンレッスンとグループレッスンの両方があることで、1日の中で変化があり、飽きずに楽しく続けられますね。

語学学校に寮が付いていて、留学初心者でも安心

セブ島の語学学校には寮が付いています。

プライベートを重視したい人は1人部屋、費用を抑えたい、部屋の友達もつくりたいという人は4人部屋といったように、申し込み時に好きな部屋を選択できます

ホームステイも良さはありますが、初心者にとってはコミュニケーションがが大変で、気を遣って疲れたり、食事が合わなかったりといったことがあります。

そもそも当たりはずれがあるので、はずれの家庭にあたってしまったら、勉強に集中できず、よい留学ができなくなってしまいますよね。

セブ島留学は語学学校の寮を利用できるので、その点で何の不安も無く留学ができます。

ハウスキーパーさんが掃除や洗濯をしてくれますし、食事付きのところも多いので、勉強に集中できる環境が整っています

1週間から留学が可能

セブ島留学は、期間を好きなように選べます。

だいたい月曜日が入学になり、1週間から留学が可能です。

休学や退職をしなくても、長期休みを利用して数週間の留学ができるのはセブ島留学の大きな魅力です。

1週間で英語が大きく上達するということはありませんが、1週間でも素晴らしい経験ができますよ。

ワーホリや欧米留学の前に基礎力を身につけるために数か月セブ島留学をする人も多いです。

自分の目的や目標、ライフスタイルに合わせて期間を設定しましょう。

英語初心者がセブ島のQQEnglishに1週間語学留学 2019.7.21~7/27の1週間、夏休みを利用して、フィリピンのセブ島にあるQQEnglish(シーフロント校)に語学留学...

セブ島留学が初心者におすすめするまとめ

セブ島留学は、留学初心者、英語初心者にとって魅力がたくさんあり、セブ島は、最も手頃に行ける留学先です。

英語に自信が無くても、少しでも留学に行ってみたいと思っている人は絶対に行ってみるべきです。

夏休みの旅行の代わりにという感じでもおっけーです。(国内の観光地に行くより安い場合も。)

留学初心者、英語初心者の方がセブ島留学にチャレンジし、世界観を広げていただけたらうれしいです♪